닫기
selvas

BRAND SITE

selvashealthcare hims

FAMILY SITE

accuniq hims hims hims
아큐닉로고

ACCUNIQの 技術

ACCUNIQの技術

アキュニクの技術力は正直で透明です。

体成分分析器line

米国FDAでは体成分分析器を測定された体重とインピーダンスを利用して制限された年齢の範囲で体成分を推定し、計算する装備と規定しました。

BIAの原理を利用したアキュニク

セルパスのACCUNIQは進歩したBIA(Bioelectric Impedance Analysis)技術を使用します。

MORE

体脂肪測定の重要性

体脂肪測定を様々な病気のチェックに役立つことができるという点と肥満チェックの重要性

MORE

アキュニク体成分分析器

Multi frequency使用、8点タッチ式電極法、DEXA機器との高い一致度、足首電極

MORE

よくある質問FAQ

お客様のお問い合わせを即座に対応、製品の使用、および簡単な理論の説明を提供

MORE

BIAの原理を利用したアキュニク

セルパスのACCUNIQは進歩したBIA(Bioelectric Impedance Analysis)技術を使用します。この抵抗値は、長年の研究の末に開発されて科学的に検証されたACCUNIQ方程式に代入され、各体脂肪測定値が計算されます。

ハンドルの電極を介した安全な範囲内の微細な電流を人体に流すと水分含有量が高い筋肉のような体脂肪では、電流信号が急速に通過する一方、水分含有量が低い脂肪組織では、電流信号がぶつかりインピーダンスという抵抗を発生させます。

아큐닉

脂肪(不導体)

電流が流れない=抵抗が高い=インピーダンスが高い

아큐닉

筋肉/水分(導体)

電流が流れやすい=抵抗が低い=インピーダンスが低い

体脂肪測定の重要性

健康な人は、水分、タンパク質、脂肪、ミネラルなどの体成分が相互間に一定の比率を維持しています。 私たちの体の体成分間のバランスが崩れると、肥満に起因する代謝性疾患、心臓病、糖尿病などの病気や体水分不均衡による浮腫などの危険にさらされる可能性があります。

Multi Frequency measurement

肥満の判定は体重と体脂肪量を一緒に考慮してこそ、正確な診断を下すことができます。 運動選手やヘルストレーナーのような筋肉質の体つきを持った人たちは、標準体重を超過する過体重だが、過脂肪状態ではないことです。

アキュニク体成分分析器

ACCUNIQは1kHz〜1MHzの間の最大6つの周波数を使用して、細胞内水分と細胞外水分、全体体水分量をすべて正確に測定できます。このように測定されたデータで細胞内水分と細胞外水分の割合を分析して、深刻な脱水や浮腫などの個人の健康状態はもちろん、血液透析後、体水分のバランスが正常状態に達していることを確認でき、腎臓内科でも活用されています。

Multi Frequency measurement

100kHzより低い周波数は、細胞膜に沿って流れるため、細胞外の水分を測定するのに利用し、100kHz以上の高い周波数は、細胞膜を突き抜けて流れるので、全体の水分量を測定するのに利用されます。

高い正確性と再現性の8点タッチ式電極法を使用

ACCUNIQは構成は複雑ですが、精度が高い8点タッチ式電極方式を使用しています。両手と両足、あるいは両手と両足首にそれぞれ8つの電極を安定的に配置して体成分を分析します。

  • logo
  • 4極8点タッチ式電極法
  • 電源/測定電極
    分離型
  • 正確度
  • 他社の製品
  • 2極4点タッチ式電極法
  • 電源/測定電極
    一体型
  • 簡便さ

DEXA装置と高い一致度

体脂肪を測定するための方法としては、コンピュータ断層撮影(CT)、磁気共鳴画像法(MRI)、水中密度法など様々な方法がありますが、二重エネルギーX線吸収系(DualenergyX-rayabsorptiometry、DEXA)は脂肪、筋肉、骨、この3つの構成要素を基に、正確な体脂肪分析値を提供しながら、放射線被ばくの面でも安全であるため、現在Goldstandardとされています。

ACCUNIQは米国テキサス州にある臨床専門機関IHTにてDEXAと精度検証のための臨床を行い、その結果、競合他社の機器に比べて高い相関図を示し、体脂肪測定の精度を実証しました。

[BCA Accuracy study at IHT (Integrative Health Technology)]

ACCUNIQの相関係数(R2)の値は、0.93でA社の0.91、B社の0.85に比べて高く、体成分分析のGoldstandardあるDEXAと比較して、その正確性が証明された。

足首電極

ACCUNIQは、お客様の利便性を考慮して、靴下を脱がなくても、体脂肪を測定することができる足首電極を別途提供しています。

他の場所では、提供することができないACCUNIQだけの差別化されたシステムです。

よくある質問FAQ

お客様のお問い合わせを即座に対応、製品の使用、および簡単な理論の説明を提供

05 シャワー直後測定したところ、体脂肪率が増加しました。なぜでしょうか? accuniq-img
BIA原理を利用する体脂肪測定器は、体水分を最初に測定するため、体水分に影響を与える条件では測定値が不正確に出てくることがあります。 運動後やサウナ後も同じ現象が発生することがあり、正確な測定のための推奨事項は、以下の通りです。
04 測定が不可能な場合があるとしたらどのような場合ですか? accuniq-img
ペースメーカー(Pace-Maker)、除細動器(defibrillator)、ステント(stent:芯動脈拡張用ネット)、心臓や大血管に使用された金属縫合材(metal suture in the heart and great vessel)など体内に移植された金属または体内植込み型医療および電子機器を持っている人は、その機器に問題を発生させることがあい、測定を禁じます。
03 内臓脂肪面積に対する精度はいかがですか? accuniq-img
正確な腹部脂肪の測定方法では、磁気共鳴画像(MRI)、コンピュータ断層撮影(CT)、二重エネルギーX線吸収系(DEXA)、生体電気インピーダンス法(BIA)などがあり、一般的にL3〜L5の位置のCTやMRI画像で内臓脂肪面積を評価します。 ACCUNIQは腹部評価に対する検証のためにCTとCrossvalidationを利用して、内臓脂肪面積の相関図を分析しました。 その結果、相関係数の値が0.942と高い有意性が検証されました。 아큐닉
02 妊娠中の女性が測定しても安全ですか? accuniq-img
妊娠中の女性のBIA装置の使用に関連して、現在までに知られている危険性はないですが、妊娠中の女性を対象に臨床試験を行うことは困難であり、そのため、関連研究がないので、妊娠中の女性の場合、体重だけ測定することをお勧めします。 また、妊娠中には様々な生理的変化が起こるため、測定をしても、正確な測定値を得ることができません。
01 ACCUNIQのBIAは他の装備と比較してどんなメリットがありますか。 accuniq-img
ACCUNIQは1分以内にすべての手続きが終わる簡単で便利なシステムであり、体成分分析のGoldstandardとして知られているDEXA、重水希釈法などの比較臨床を通じて高い相関関係にその精度が証明された測定機器です。
また、ACCUNIQ血圧計と連動して、結果を出力することができ、総合的な健康状態の分析が可能です。
accuniq-icon
可能な限りの服の重量を
減らしてください。
accuniq-icon
過食と極度の脱水時には, 測定を避けてください。
accuniq-icon
激しい運動をした後は、
測定を避けてください。
accuniq-icon
サウナ後すぐに測定する
ことは避けてください。
accuniq-icon
可能な限り同じ条件で
測定してください。

This post is also available in: 韓国語, 英語