닫기
selvas

BRAND SITE

selvashealthcare hims

FAMILY SITE

accuniq hims hims hims
아큐닉로고

体成分分析器

体水分を求めるGolden Standardの重水希釈法との比較結果
高精度(相関係数R=0.97)、再現度(相関係数R=0.99)!
出典:インピーダンス法(X-SCAN)における体水分量の妥当性

ACCUNIQ BC720M

accuniq-img

BC720は体脂肪と筋肉の測定だけでなく、被検者の腹部肥満を予測する結果の項目で体系的な計画を立て、健康管理の必要性に対するモチベーションを付与します。

製品特長

accuniq-img

製品詳細

・周波数範囲:1,5,50,250,550,1000KHz
・測定範囲:全身、部位別測定(右腕、右脚、左腕、左脚、胴体)
・大きさ:496×820×1150(W×D×H±10㎜)
・結果紙:体成分結果紙、部位別結果紙(オプション)、小児結果紙(オプション)
・重さ:42㎏
・ACCUNIQアプリ:測定後、画面上のQRコードを撮影、スマートフォンへ測定結果保存, 個人管理ができる機能(アンドロイド、iOS)
・ACCUNIQマネージャー:測定テータ収集、分析、献立、運動処方など管理プログラム
・オプション:超音波身長計、小児結果紙、部位別結果紙

Option

accuniq-img
超音波身長計

accuniq-img
小児用の結果紙
accuniq-img
部位別結果紙

別途提供

腹部肥満及び体水分

内臓脂肪の断面積、脂肪量、筋肉量、体水分などの生活習慣病に
関係がある体成分を測定します。

リアルタイムで簡単に確認できる部位別筋肉量

測るたびに画面上で確認できる部位別筋肉量は運動選手またはリハビリ患者などの特定部位の筋肉量の増加を必要する人に適用して運動もしくはリハビリ治療効果を評価する時容易します。

外部機器と連結

外部連結ポートを利用して身長計、PCなど外部機器と連結が出来ます。
ブルートゥース無線通信も出来ます。(弊社提供のみ)

accuniq-img

製品仕様
モデル ACCUNIQ BC720M
類別 器21 内臓機能検査用器具
一般的名称 体成分分析装置/JMDNコード36022020
医療器クラス分類 クラスII
医療器クラス分類 クラスII
医療機器承認番号 第231ABBZX00006000号 体液量測定 細胞外液量測定 60点
GTINコード 4580575760036(JANコード)
測定方法 8個接触電極を利用した4電極法
周波数 1, 5, 50, 250, 550, 1000kHz
測定部位 全身、部位別測定(右腕、右足、左腕、左足、胴体)
結果項目 [体成分結果紙]
体成分分析(体重、除脂肪量、体脂肪、筋肉量、蛋白質、無機質、体水分量),骨格筋/脂肪分析(体重、骨格斤量、体脂肪量)、肥満分析(体質量指数及び
評価、体脂肪率及び評価、肥満度)、腹部肥満の分析(腹部肥満率、内臓脂肪レベル、内臓脂肪面積)、部位別筋肉・脂肪量(左腕、右腕、左足、右足、胴体)と二重グラフや部位別細胞外水分比分比、細胞外水分比、総合評価(体型の判定, 身体年齢、基礎代謝量、1日必要エネルギー量、身体点数)、身体のバランス評価(上半身、下半身、上下均衡)、調節ガイド(推奨体重、体重調節値、筋肉調節値、脂肪調整値)、部位別体水分、部位別筋肉量(現在体重を基準)、研究項目(細胞内・外水分、細胞量、内臓脂肪断面積、皮下脂肪量、腹部周り、二の腕周り、脚の太もも周り、位相角、筋量評価指数(四肢筋肉量指数(ASMI)、骨格筋量指数(SMI)、除脂肪指数 (FFMI))、インピーダンス(部位別&周波数ごと)

[部位別結果紙](オプション)]
部位別筋肉量、部位別体脂肪、部位別細胞外水分比、身体変化の累積グラフ(体重、骨格筋量、体脂肪、体脂肪率、体質量指数、腹部肥満率、細胞外水分比)、体型評価表(20段階)、部位別体水分、部位別細胞内水分、部位別細胞外水分、インピーダンス(部位別&周波数ごと)、筋量評価指数(四肢筋肉量指数(ASMI)、骨格筋量指数(SMI)、除脂肪指数 (FFMI))

[小児用結果紙(オプション)]
体成分分析(体重、除脂肪量、体脂肪量、筋肉量、蛋白質、無機質、体水分量)、骨格筋/脂肪分析(体重、骨格筋量、体脂肪量)、肥満分析(体質量指数、体脂肪率、腹部肥満率)、小児の成長曲線(身長、体重)、栄養評価(タンパク質、無機質、脂肪)、総合評価(体型の判定、基礎代謝量、1日必要エネルギー量、体細胞量、肥満度)、身体のバランス評価(上体左右、下半身の左右)、体重調節(推奨体重、体重調節値、
筋肉調節値、脂肪調整値)、部位別(左腕、右腕、左足、右足、胴体)体脂肪量/筋肉量、インピーダンス(部位別&周波数ごと)

測定電流 180mA ±15
消費電力 60 VA
供給電力 入力 (AC 100~240V, 50~60Hz), 出力(DC 12V, 5A アダプター)
表示方法 8.4インチ型ワイドカラーLCD
入力デバイス タッチスクリーン、キーパッド、PCリモート入力
伝送装置 USB端子、RS-232Cポート、Bluetooth、Wi-Fi(オプション)、
外部ポート 拡張可能(オプション)
印刷装置 A4プリンター
外形寸法 496 X 932 X 1182mm(W X D X H)
重量 約42kg
測定範囲 100 ~ 950 Ω
測定時間 1分以内
入力身長 50 ~ 220cm
測定体重 10 ~ 270kg
計量方式 電気抵抗式はかり
型式承認番号 第       号 精度3等級 (現在準備中)
目量(最大計量) 270Kg(風袋量含む)
着衣量(風袋量) 0~9.9Kg
測定年齢 1~99才
使用範囲 温度5〜40℃、湿度15〜93%(non condensing)
保管範囲 温度-25〜70℃、湿度93%未満(non condensing)


結果紙
아큐닉검사결과지
아큐닉검사결과지
아큐닉검사결과지

体成分分析

身体を構成している体水分、タンパク質、ミネラル、体脂肪の測定結果と適正範囲を標準体重を基準に表示及び評価します。

身体健康度

体重と骨格筋量・体脂肪量をグラフで表示して体重から骨格筋量と脂肪量を比率と評価によりからだの健康度をが分かります。

肥満分析

肥満評価重要な項目であるB.M.I、体脂肪率、基礎代謝量を評価して肥満を分析します。

腹部肥満分析

-.内臓脂肪レベル(V.F.L.):内臓肥満の進行程度を1~20段階に分けてレベルで表示します。
-.腹部肥満率(W.H.R.):腰をヒップの周りで割った比率(Ratio)です。0.9以下(男)、0.85以下(女)の時、内臓肥満の危険性が低いものと判定します。
-.内臓脂肪量:内臓の間に存在する脂肪で量をkgとして表示します。

細胞外水分比

全体体水分量に対する細胞外水分の比率で水分バランスを評価する指数です。 測定状態を適正、境界、以上で表示します。

部位別分析

自分の標準体重を基準に部位別(腕、脚、胴体)筋肉の発達程度と細胞外水分数値を示します。
部位別による二つの筋肉グラフは表から筋肉が発達したように見える体型と実際に筋肉が発達した体型を
はっきり区分して表すことで部位別の筋肉発達程度を一目で把握出来ます

総合評価

体型判定はB.M.Iと体脂肪率(P.B.F)を交差判定、20段階レベルで判定します。
身体年齢、基礎代謝量、1日必要エネルギー量、身体年齢、身体点数を数値に表記し、被験者のからだの物理的な要素を理解やすく表現します。

身体バランス評価

人体の上下左右、下半身の左右に対して均・弱い不均衡・激しい不均衡でそれぞれ評価します。

調節ガイド

現在体重から標準体重を基準にして体重、筋肉、脂肪調節ガイドを表示します。
単純に体重と脂肪を減らすことではなく、筋肉量と脂肪量のを考慮して調節値を提示します。

部位別体水分

からだの部位別体水分を測定値と適正範囲値を表示します。

部位別筋肉量(現在体重のみ)

現在体重を基準にした部位別筋肉量を棒グラフで表示します。

研究項目

細胞内・外水分量、内臓脂肪断面積、腕・脚・腹部周りなどを表示します。

インピーダンス

身体の周波数別、部位別抵抗を示します。学術的な研究の参考資料として利用します。

体成分変化履歴

体重、体脂肪量、筋肉量、タンパク質量、細胞外水分比について、今回の測定結果を含め, 最大4回のデータを表示、比較することが出来ます。

This post is also available in: 韓国語, 英語